Google+ Followers

giovedì 17 ottobre 2013

博物館にサンセポルクロでピエロ·デッラ·フランチェスカでの''復活''





物のピボットは二つの部分、これらのシンボルは呼び起こす豊かな死にかけ左に右の上の1つの''良い面と悪い政府''トスカーナ絵画のような影響を与えたシエナのロレンツェッティのフレスコ画に風景を分割し、キリストの姿であり、ピエロは、石棺のふもと休眠座って、それは人々 (''ヘラクレスAgnolettiの1442顧問に選出されたピエロの政治家を鼓舞するかのようゲルフ党のクロス旗のオークションは、神と直接接触で彼を保つ''文字サンセポルクロの'')と隣の部屋のal'affrescoに座っていた。政治家としてのキャリアへのそれらの年に、彼はイメージを活用するだろうとノーマル、おそらく瞑想。どのmaggiorenteコミュニティと、彼は席にあらゆる権利を持っていた市の協議会に座って彼の父を持つ。市議会の招集ため評議会はマラテスタによって建てられた宮殿の復活ホールのフレスコ画の背後にホールで会った協議を言っ''保守'' 。
先端との彼の盾を持つ兵士の槍は、煙突山の方向を示し''''川テベレ(私はコンパスで確認) 、兵士が右隅に石に近い肘に傾い山として一方絵を見た人は、石、意図的な精神的オブジェクトとこの方向のコンテンツが存在しないように話した中世のスコラ哲学の発現を示しているようだ。
今日では、バートランド·ラッセルの後、 1にかかわらず、彼の教えのそれはピエロ·デッラ·フランチェスカだった中世からルネサンスへの移行中の文字を免れることはできないことができない。キリストの姿は、キリストの上昇の高揚にピエロによって被写体の所持している理由の完全な力を反映するために表示され、ピエロが彼彼の知識への2番目の場所でキャラクターになり、あなたは信じることができるか、話を信じていない感動が、現実は、その問題では、心と物質の関係についてラッセルにそれを置くということである: "心をみよう、両方の問題が複合されているようだ"と、それは世界が作られる方法です。
リトルが別の壁によって1479年にフレスコ画の虚数シフトの知られている、多分それが復元されましたし、新しい建物ではありませんこれまでに、赤外線分析や他の技術以来わずかに復活を含む動作今年は、彼らはそれが私によって作ら読書はほとんどが変更されるので、壁の回転が行われていなかった楽しい作品を作っていたらされている必要があります壁のトラックを含めることを明らかにした。
Buttazzo Carlo Marino
la pagina in italiano
la Deposizzione del Rosso fiorentino a Sansepolcro

Posta un commento

Carlo Marino Buttazzo

Carlo Marino Buttazzo

Archivio blog