Google+ Followers

venerdì 24 ottobre 2014

サンセポルクロのアートギャラリーの管理について

劣化を見つけるためにポンペイに行く必要は昨日の朝、私は自分が60、ドイツの観光客やイタリア人、観光客がの本に書かれて残っている他の日とサンセポルクロのギャラリーの会場を守るために一人で作業見つかった、存在しない出席し、ピエロ·デッラ·フランチェスカ、ポントルモの作品で、美術館、博物館の15室ごとに1つだけアテンダントがあったことは残念であったことを指摘し、そして今は、2つのブリ政権は時間を短縮し、したがって、1している必要があります10と11で、別の時に入り、その後1は、私たちが2002年から額面時間であることを考慮に入れる瞬間のためだけのままであり、自治体のために18年間私たちは、博物館内にある最初の仕事から算出することで、この政権は、したがって'を変更することを決定しました営業時間、また観光客のための不便を作成し、毎年私たちは既にショート万ユーロを削減しましたので、私たちの時間を削減し、教師の財源は、パイや他のカトリック系の学校に起因ボルゲーシ旧コミッショナーに膨張しているseverine(卒業証書彼はマネージング·ディレクターとして働いていた学校を支持し、政府の補助金からの資金のあの有名な流用をした文化への会計は)、それは博物館が、新しい仕事は、欧州連合(EU)のお金で賄われているドル箱であるといえる私たちは常にあなたがカトリック教徒にプッシュを感じるように墓にRivoltinoが、そうするための方法を定義する方法を知らないことを残念不良ニヒリズムのnihilistsに分類する必要がある理由私は非インテリジェント....その後不思議
Posta un commento

Carlo Marino Buttazzo

Carlo Marino Buttazzo

Archivio blog